BAR こてっちゃん

お酒のエピソードは面白い!ウイスキーや日本酒などこてっちゃんが気に入ったお酒の話を交えながら紹介していくブログです

BAR こてっちゃん

【ウイスキー】惜しまれつつ消えてしまったお酒 ローズバンク【ローランド】

                          2019年 7月7日 改定

今回紹介するお酒はローズバンクです。

 

<ローズバンクについてのエピソード>

このお酒はかつてローランドの王と呼ばれたお酒です。伝統的な3回蒸留するという大変手間のかかる造り方をしていました。そして面白いことに仕込み水には上水道を使っていたのだというのです。え?そんなので美味しいお酒ができるの?と思うかもしれませんが、この水はキャロン谷の貯水池を水源とした軟水の水でウイスキー造りには最適だったのです。
そんなローズバンクですが、なぜ消えてしまったのでしょうか?

<蒸留所閉鎖までのエピソード>

蒸留所のあったキャメロン村は大都市のそばにあり、なおかつイングランドと接していたので大資本が入りやすく技術革新の名のもとに昔ながらの伝統技術が廃れてしまったのがローランドの廃れた原因の一部です。20世紀に入ると経営に行き詰っていき、1914年にはグレンキンチーを始め、計5社とともにスコティッシュ・モルト・ディスティラリーズ(SMD)社を形成してハイランドのモルトウイスキーに対抗したのですが、現在残っているのはグレンキンチーだけでローズバンクは1993年に蒸留所が閉鎖においこまれてしまうのです

 

<噂される再開の話>

アズ・ウィー・ゲット・イットでも紹介したイアン・マクラウド社が復興計画を立てているのだそうです。

ライバルはかつてのローズバンクとまで言っていて、『ローズバンク・ローランド・シングルモルト』を完璧に再現しますと自信をうかがわせています。
失われてしまったローズバンクは見事復活するのでしょうか?今後の動向に注目です。

 

ローズバンクの復興計画が気になる方は下のサイトに行ってみると詳細が随時アップされていますので行ってみてください。

https://rosebank.com/

 

 

 

このお酒、生産されていないことから高いお値段がついていますが、ローズバンクをもし見かけたらぜひ飲んでみてくださいね。 

 

下記のブログランキングに参加中です。 もし良かったらバナーをクリックしていただけると嬉しいです

その他のお酒ランキング
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク