BAR こてっちゃん

お酒のエピソードは面白い!ウイスキーや日本酒などこてっちゃんが気に入ったお酒の話を交えながら紹介していくブログです

BAR こてっちゃん

【ウイスキー】功労者への敬意!モンキーショルダー【ブレンデッド】

                         2020年 2月22日 改定

今回紹介するのはモンキーショルダーです

 

 

モンキーショルダーウィリアムグラント&サンズ社で造られている、かつてはヴァッテッドモルトと呼ばれたウイスキーです。

 

<ヴァッテッドモルトとは>

そもそも、ブレンデッドウイスキーとはモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたウイスキーのことでした。そこから、モルトウイスキーのみをブレンドしたものをヴァッテッドモルトグレーン同士をブレンドしたものをヴァッテッドグレーンと呼んだのです。ですが、現在ではどちらもブレンデッドウイスキーと呼ばれているのです。

 

<モンキーショルダー ボトルの秘密>

ボトルをご覧ください。
名前にちなんで3匹の猿が付いていますね。
これはモンキーショルダーにはウィリアムグラント&サンズ社のモルト原酒である、グレンフィディックバルヴェニーキニンヴィというキーモルトを3つ使っていることにかけてあるのです。ちなみにキニンヴィは記念ボトル以外では1度もボトリングされていない幻のシングルモルトでもあります。

 

<モンキーショルダーの面白い話>

モンキーショルダーのボトルの3匹の猿の可愛さから女性を中心にファンが急増したウイスキーでもあります。

・グラント社はモンキーショルダーを使ったカクテルも開発し拡販に注いできました。
その結果、今ではこのウイスキーはイギリスのバーやパブの定番になり、カクテルを出すバーをモンキーバーと呼ぶのだそうです。

 

<モンキーショルダー 名前のエピソード>

かつてはどこの蒸留所も麦芽づくりを自分の所で行っていました。コンクリートの上に麦芽を広げるフロアモルティングという作業があるのですが、この作業は発芽が均一になるように、木のシャベルを使って4時間おきぐらいに撹拌をしていたのです。麦芽の量は4~8トンにもなり、それを1日に6回行っていたのですから、大変な重労働だったわけです。この重労働の為に、職人たちは猿が肩に乗っているような痛みを患ってしまうことがあり、大変な仕事をやり続けてきた証として、この職業病をモンキーショルダーと呼び敬意を払ったのでした。

 

 

成功は失敗や努力の上で成り立っているのでしょう。
もし見かけたら、このモンキーショルダーをぜひ飲んでみてください。
ちなみに下の参考サイトにはモンキーショルダーを使ったレシピが載っていますので、購入した方は試してみてください。

 

参考サイト

http://www.monkeyshoulder.jp/

 

下記のブログランキングに参加中です。 もし良かったらバナーをクリックしていただけると嬉しいです

その他のお酒ランキング
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク