BAR こてっちゃん

お酒のエピソードは面白い!ウイスキーや日本酒などこてっちゃんが気に入ったお酒の話を交えながら紹介していくブログです

BAR こてっちゃん

【ウイスキー】日本と融合したスコッチ!?フォートウィリアム【ブレンデッド】

今回紹介するウイスキーはフォートウィリアムです

 

 

<フォートウィリアムの由来>

フォートウィリアムとは西ハイランドを中心地とした古くから栄えた港町の名前です。
町の背後にはイギリスで一番高い山であるベンネヴィス山があることでも知られている場所でもあります。

 

<フォートウィリアムとは>

フォートウィリアムは、フォートウィリアムの町のはずれにあるベンネヴィス蒸留所で造られているブレンデッドスコッチなのです。昔は蒸留所の名前からベンネヴィスという銘柄名だったこともあるのですが、シングルモルトのベンネヴィスもあるので、紛らわしいということで、2012年にフォートウィリアムになったのでした。

 

<ベンネヴィス蒸留所の歴史>

ベンネヴィス蒸留所は1825年にロングジョンという愛称で呼ばれたジョン・マクドナルドによって建てられました。ちなみにロングジョンと呼ばれているのは身長が193cmもあったからということで、ロングジョンというブレンデッドウイスキーは彼の愛称からつけられたウイスキーなのです。
ロングジョンが亡くなられてからは、蒸留所はシーガーエヴァンス社、ジョセフ・ホッブス、ウィットブレッド社などに移り、1989年にはニッカウヰスキーに買収され、現在は、ニッカウヰスキーのもとで操業を行っているのです。
ちなみに、モルトウイスキー蒸留所の買収は、トマーティン蒸留所に次ぐ第二号でもあります。
そして、フォートウィリアムはニッカウヰスキーに買収されてからのもので、まさに日本とスコットランドの技術が融合したウイスキーといえるのです。

 

 

 

 

 

下記のブログランキングに参加中です。 もし良かったらバナーをクリックしていただけると嬉しいです

その他のお酒ランキング
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク