BAR こてっちゃん

お酒のエピソードは面白い!ウイスキーや日本酒などこてっちゃんが気に入ったお酒の話を交えながら紹介していくブログです

BAR こてっちゃん

【ウイスキー】わずか1%!インチガワー【スペイサイド】

今回紹介するのはインチガワーです。

 

シングルモルトとしてはわずか1%の生産量の貴重なモルトで ピリリとした塩辛さが飲むほどに癖になるモルトです。スペイサイドではハイランドよりの特徴もありユニークで隠れた名酒の一つであると「改訂版モルトウイスキー大全」という本には書かれています。

 

<インチガワーのエピソード>

この蒸留所はアレクサンダー・ウィルソンによって1871年に建てられました。1936年から38年間は蒸留所近くにあるバッキーという古い港町の町議会が所有していたというのが面白いです。その後はアーサー・ベル&サンズ社に売却されてこのモルトはベルの主要モルトとなっています。

 

 <蒸留所の場所にまつわるエピソード>

蒸留所の背後の丘にある農家は、かつては有名な密造者であったマクファーソンの密造所だった場所です。マクファーソンのスチルは丘の裏にうまく隠してありましたが、あるとき迷子の牛がスチルを覆い隠していた芝辻を剥がしてしまいました。その牛を探しに来た牧童に見つかってしまったのが不運でした。その牧童は報酬金欲しさに密告したことでスチルは破壊され、マクファーソンは捕まってしまう結果になってしまいました。

このエピソードを見てハイランドパークのマグナス・ユンソンのエピソードとは対照的だなと感じました。密造酒に関しては色々なドラマがあるのでしょうね。

気になる方はこちらもどうぞ

 

 希少なお酒ですので是非一度ご賞味ください!

 

下記のブログランキングに参加中です。 もし良かったらバナーをクリックしていただけると嬉しいです

その他のお酒ランキング
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク