BAR こてっちゃん

お酒のエピソードは面白い!ウイスキーや日本酒などこてっちゃんが気に入ったお酒の話を交えながら紹介していくブログです

BAR こてっちゃん

【ウイスキー】意地を見せつけた!スペイバーン【スペイサイド】

今回紹介するのはスペイバーンです。

 

 

 <蒸留所にまつわるエピソード>

この蒸留所はこれほど風景と調和のとれた蒸留所も珍しいと言われ、設計した著名な建築家であるチャールズ・ドイグの傑作とも言われています。ちなみに地元の言い伝えによると、スぺイ河の河床から人間と獣によって掘り出された石で建物の壁が造られているのだそうです。

しかし、蒸留所が建てられた場所はなんと元処刑場だったのです。そのことから迷信深い昔の職人たちはシフト制による夜間勤務を嫌がったのだそうです。

 

<年内に造りたいと創業者の意地をみせたエピソード>

ここの蒸留所で初めてスピリッツが流れ出たのは1897年の12月の最終週です。ましてや、まだ窓やドアも完成していない吹きさらしの状態の到底完成したとは言えないスチルハウスで厚着をして寒さに耐えながら造り出されたのでした。

 

ではなぜ、そんな思いををしてまで急ピッチで作り上げたのでしょう?

実は1897年はヴィクトリア女王の在位60年を記念するダイヤモンドジュビリーの年だったのです。なんとかその記念の年中に特別のボトルが作りたいという想いがあり寒さに耐えて造り出したのでした。吹きさすブリザードの中、なんとかボトリングまで漕ぎつけたのは1樽のみだったそうです。何とも創業者の意地を感じるエピソードでした。 

 

 

コストパフォーマンスは良いのでぜひスペイバーンを試してみてください

参考サイト

http://whiskymag.jp/speyburn_01/

 

 

下記のブログランキングに参加中です。

この記事が面白いなと思ったらバナーをクリックしていただけると嬉しいです

その他のお酒ランキング
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村