BAR こてっちゃん

お酒のエピソードは面白い!ウイスキーや日本酒などこてっちゃんが気に入ったお酒の話を交えながら紹介していくブログです

BAR こてっちゃん

【ウイスキー】環境問題に取り組んだ!オルトモア【スペイサイド】

今回紹介するのはオルトモアです。

 

 

オルトモアとは大きな小川の意味で蒸留所近くに流れているオーヒンデラン川から名づけられました。デュワーズのキーモルトの一つでもあります。

ちなみにテリーヌやパテなどのオードブルと飲みたい食前酒と「モルトウイスキー大全」という本では紹介されています。

 

<廃棄処理のパイオニアについてのエピソード>

糖液抽出後のマッシュタンの搾りかすとウォッシュ蒸留後のポットスチル内の残留廃液の処理は環境汚染の問題も含めて長い期間、問題になっていました。どちらも栄養価が高く家畜に与えたりもしていましたが、輸送や貯蔵面で効率が悪く処理しきれませんでした。

オルトモア蒸留所は1952年に搾りかすと残留廃液を乾燥・圧縮しペレット状の資料であるダークグレインを開発することで貯蔵と輸送面の問題を解決したのでした。

これによりほとんどの蒸留所でダークグレインの製造工場を併設するかグループ蒸留所での共有の工場を立てるかのどちらかの方法がとられるようになったのでした。ゴミを有効活用して無駄を省くことでコストの削減にもつながっているのでしょう。

こういう工夫を考え続けていることによって、スコットランドウイスキー産業でもトップクラスと呼ばれるようになったのでしょう。

ちなみに、ダークグレインは牧草が少ない、冬場には貴重な資料となっているのです。

 

オルトモアはもともとブレンダーからは評価が高く、ブレンド用に使われることが多いため知名度は決して高くありませんが、知る人ぞ知る完成度の高いシングルモルトのひとつです。ぜひ見かけたら試してみてください。 

   

下記のブログランキングに参加中です。 もし良かったらバナーをクリックしていただけると嬉しいです

その他のお酒ランキング
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村