BAR こてっちゃん

お酒のエピソードは面白い!ウイスキーや日本酒などこてっちゃんが気に入ったお酒の話を交えながら紹介していくブログです

BAR こてっちゃん

【ウイスキー】毎年味が変わる?ミドルトン・ベリー・レア【ブレンデッド】

今回紹介するのはミドルトン・ベリー・レアです。

 

1984年から毎年少量ボトリングされるイヤーブレンドです。

ラベルにかかれている年は通常は蒸留された年が書かれますが、このミドルトン・ベリー・レアはボトリングされた年が書かれています。

 

<蒸留所の歴史>

元々、ミドルトン蒸留所が建てられたのは1825年の事で、ジェームズとダニエルとジェレミッシュのマーフィー3兄弟が創業しました。後にコークにある他の4つの蒸留所と合併してコークディステラリーズ社を設立しますが、第一次、第二次世界大戦、アイルランドの独立戦争、アメリカの禁酒法という苦難の連続でしたが、なんとか耐え抜き1966年に、ジェムソンやパワーズ、タラモアなどと合併してIDC社(後のIDG社)が誕生しました。その時にスコッチに対抗する巨大な複合蒸留所の新たな建設を行ったのです。

 

<世界でもっとも複雑な蒸留所と呼ばれるわけ>

巨大な複合蒸留所を建設するための候補地がミドルトンの敷地内で、1975年に旧ミドルトンの背後に「世界でもっとも複雑な蒸留所とも呼ばれる」巨大な新ミドルトン蒸留所が完成しました。

なぜそう呼ばれるのかというと、ピュアポットスチルモルトウイスキーをつくる単式蒸留器が4基グレーンウイスキーをつくる連続式蒸留器が2セット備え付けられている。この蒸留器たちで、なんと原料比率蒸留方法を変えて数十の原酒タイプをつくり分けているというのだから、その複雑さにはただ驚くばかりです。

現在では「ジェムソン」「パワーズ」「パディー」「タラモアデュー」「レッドブレスト」などほとんどすべてのブランドが、ここで造られているのです。

bar-kottechan.hatenablog.com

bar-kottechan.hatenablog.com

 

その中でもミドルトン・ベリー・レアはアイリッシュの最高峰と呼ばれる銘酒なのです。

このお酒の面白いところは、毎年味が変わるという事です。自分の生まれた年の物に巡り合えたら最高ですね。

 

 

 こちらは2015年にボトリングされたものです。是非、見かけたら至高のアイリッシュであるこの酒を試してみて下さい

 

下記のブログランキングに参加中です。

下記のブログランキングに参加中です。 もし良かったらバナーをクリックしていただけると嬉しいです

その他のお酒ランキング
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク