BAR こてっちゃん

お酒のエピソードは面白い!ウイスキーや日本酒などこてっちゃんが気に入ったお酒の話を交えながら紹介していくブログです

BAR こてっちゃん

【ウイスキー】70歳で夢の実現!アランモルト【ブレンデッド】

今回紹介するウイスキーはアランモルトです

 

 

<アランモルトとは>

このウイスキーはアイル オブ アランというスコットランドでも比較的新しい蒸留所で造られているウイスキです。そのフルーティな風味から白州に味が似ていると評価する人もいるようです。

 

<アイル オブ アラン蒸留所について>

創業は1995年で、アラン島の北岸に建てられた蒸留所です。とてもややこしいのがアラン島というのはスコットランドだけでなくアイルランドにもあるということで、アランセーターでお馴染みのアイルランドの方を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、この蒸留所があるのは気候や地理的にもスコットランドの縮図と呼ばれるスコットランドにあるアラン島に建てられたものです。

 

<アランモルト 夢のエピソード>

創業者はハロルドカリー氏で、あのシーバスリーガルで有名なシーバスブラザーズ社キャンベルディスティラーズ社の代表取締役も務めたことがある人物です。そんなハロルドカリー氏が70歳にして「自分の蒸留所を持ちたい」という長年の夢を叶えるために建てた蒸留所が、このアイルオブアラン蒸留所というわけです。アラン島に蒸留所を建てた理由はカリー氏の父祖の地であるアラン島に蒸留所が一つもなかったことからだったそうです。
ちなみに、この蒸留所が建てられる前にアラン島で最後にウイスキーが造られたのは1836年という事なので約160年の時を経てアラン島産のウイスキーが復活したというわけです。

 

<アラン モルトの種類>

 カリー氏は野心的に次々と新しいウイスキーを開発していて、蒸留所の歴史が新しいのにも関わらず種類が多いのも特徴です。
ちなみにアランモルトの種類には
アラン10年

アランモルト18年

アランモルト21年

アランモルト シェリーカスク

アランモルト アマローネカスク

アランモルト ポートカスク

アランモルト コート ロティカスク

アランモルト マルサラカスク

などこれ以外にもたくさんの種類があります。
ちなみに以前「アランモルト アンバサダー」295本だけ生産されたウイスキーもあるのですが、これはこのウイスキーを輸入した日本の代理店敬意を表してウイスキー大使という意味合いで名づけられたウイスキーもあります。

 

こちらはアランモルト10年です。アランモルトの中では一番お買い求めやすいウイスキーです。まずはこちらを試してみてはいかがでしょうか?

 

こちらはグラス付きのアランモルト10年です。ウイスキーはグラスの形で味わいが変わります。ウイスキー好きの方はこちらのグラス付きがおすすめです。

 

こちらはアランモルトのシェリーカスクです。
最高の状態のオロロソ シェリー樽を苦労してたくさん集めて熟成に使われています。 

 

 

下記のブログランキングに参加中です。 もし良かったらバナーをクリックしていただけると嬉しいです

その他のお酒ランキング
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク